東京都,港区,虎ノ門,眼科|アイローズクリニック|緑内障,アンチエイジング

アイローズクリニック

03-3503-3900
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地[にっとち]ビル1階
「虎ノ門」駅[7番出口]徒歩30秒 「霞ヶ関」駅[A12出口]徒歩3分
診療内容
診療内容
診療内容
診療内容
スタッフ募集

診療案内

  • 一般眼科(ドライアイ、アレルギー性結膜炎、 花粉症、眼精疲労、子供の仮性近視など)
  • 緑内障外来・角結膜疾患、白内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、中心性網膜炎、網膜剥離など
  • コンタクト ・メガネ処方
  • セカンド・オピニオン
  • 各種レーザー治療(YAGレーザー、グリーンレーザー)
  • ホリスティック医療(QRS診療、気功、鍼、カウンセリング等)
  • アンチエイジング(プラセンタ注射、各種ビタミン注射、ビタミンC大量点滴、サプリメント処方など)
  • しわとり(ボトックス、ACR療法など)


但しコンタクト処方は、使い捨てレンズのトライアルの扱いがございませんので、初診の方は、現在使用中のレンズの情報(メーカー・度数等が記載されたパッケージ等)をご持参頂ける場合にのみ処方可能です。ハードレンズについてはお問い合わせください。

緑内障

緑内障について

院長の専門は緑内障です。

緑内障という病気は、40歳以上の方の17人に1人が罹患しているということが、最近の統計調査で判明してからは、たびたび話題に上るようにもなりましたので、ご存じの方も多い病気となりました。

しかし、罹患している人のうち9割の方は病気に気づいていないというのが現状です。緑内障は視野が徐々に欠けてゆき、放置すれば失明に至る病気ですが、自分ではなかなか気づきにくい病気です。

一人でも多くの緑内障患者様をなるべく早期のうちに見つけ、 緑内障で失明する方をなくしたいと思っております。

 

緑内障の代替医療について

緑内障はその病型により治療法が異なってまいります。それぞれの病型にもとづいた、現代医学での治療は勿論基本で、最優先されるべきであると思っております。

しかし、日常多くの患者様と心ゆくまでお話させていただいておりますと、それだけで安心して満足されている患者様はむしろ少ないように思います。

科学的な治療以外にも、視野の進行を食い止めるのには、なにか少しでも良い方法はないか?ということは、私にとっても患者様にとっても最大の関心事であります。私は、緑内障にとってプラスになると思われるあらゆることを取り入れております。

通常の緑内障治療に加えて、ご希望の患者様には、その都度、アドバイスさせていただいて、個人個人にあったさまざまな代替医療を提案させていただいております。

緑内障は元にもどらない、進行を食い止めることしかできない病気というのが常識的な考え方ではありますが、私は当院で治療を開始してから視野が改善する患者様を何人か目の辺りにしておりますので、かならずや緑内障を治せる日がくると信じて、あらゆる可能性を引き出す治療法を日々模索しております。

私と一緒に「緑内障を治そう」という意気込みのある患者様が当クリニックを訪れてくださるのを心からお待ち申し上げる次第です。

 

中途失明する人は年間約16,000人

右の図に示した中途失明のおもな原因のうち、糖尿病網膜症は糖尿病患者さんに、白内障はお年寄りに起こる病気です。

これらと違い緑内障は、誰もがなりうる病気で、しかも最初はほとんど自覚がないため、気付かないうちに病気が進んでしまうことがあります。

※中途失明とは…病気や不慮の事故によって成人になってから失明すること。


40歳以上の20人に1人が緑内障

最近の調査によると40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっていました。 ところが、このうち治療を受けている人は約20%に過ぎず、大部分の人は、検査で初めて緑内障と分かった人でした。

緑内障(あおそこひ)は、目の神経(視神経)が障害される病気です。

視神経が障害されると、見える範囲(視野)がだんだん狭くなり、ついには失明してしまうこともあります。

緑内障で視野が狭くなってきても、最初のうちは、ほとんど気付きません。

気付いたときには、すでに病気が進行していることが多く、しかも一度障害された視神経は元には戻りません。

緑内障は、眼圧(眼の硬さ)が異常に高くなると起きると考えられてきましたが、最近は眼圧が正常でも緑内障になる人が増えています。

定期的な検診は積極的な予防策

病気が進んで視野を失う前に緑内障を見つける唯一の方法は、定期的に眼の検診を受けることです。

40歳を過ぎたら年に1回は眼科検診を受けましょう。特に眼底検査と眼圧検査は、短時間で受けられる検査です。

緑内障を見つけるための検査

眼底検査

視神経乳頭と呼ばれる、視神経が集まっているところを観察する検査です。

視野検査

視野全体の中の見える部分と見えない部分を調べます。
見えない部分が広がるということは視野が狭くなるということです。

眼圧検査

目に空気や器具をあてて圧力を測定します。
正常な眼圧が15mmHg前後(単位は血圧と同じ)です。

 

緑内障自己診断法

家庭にあるテレビの放送されてないチャンネルに現れる白と黒の点滅模様(放送終了後のザーザーした画面)を利用します。

テレビのアンテナをはずした方がより均一な点滅模様が得られます。
画面中央にシールなどで直径5ミリ程度の、目印になるような点(固視点)を貼ります。
21インチテレビの場合には、約30センチ離れた距離から、片眼で(もう片眼はかくして)3~5秒間じっとその点だけを見ます。

このとき目をキョロキョロ動かしてはいけません。

画面の点滅模様が一様に見えないところ、たとえば、暗く見えたり、雲や水がかかって見えたり、まわりと違う部分、均等でない部分がないかどうか調べます。

片眼ずつ交互に、3回ずつ行い、3回とも同じ所に異常が感じられた場合、その均等でない部分が視野の異常部位というわけです。

この方法で中期以上の「緑内障」はほとんどが異常を自覚できますので是非お試しください。

異常に気づかれた方は、専門医による検査をお受けになることをお勧めします。

白内障

白内障とは

カメラでいうとレンズにあたる水晶体が濁る病気です。多くは加齢によるもので、他には生まれつきのもの、怪我によるもの、全身疾患または眼疾患を原因とする二次性のもの、原因不明のものと様々です。
症状としては、「まぶしい」「時々見づらい」「物が重なって見える」などの症状から始まる事が多く視力が落ちたとはっきり感じる頃には実際はかなり進行していることが多いです。

各種網膜疾患

糖尿病網膜症

日本の失明原因の上位を占める病気です。糖尿病の方の血管は糖代謝異常により構造がおかしくなります。

さらに血液凝固系の異常も生じるため、血管がつまりやすく、特に細くできている網膜血管がつまると血流が途絶えて栄養補給されなくなった網膜(無血管野)から血管を早く作って欲しい!というサイン(血管内皮増殖因子)が出されます。

これによって出来上がる血管を新生血管といい、構造が正常な血管と異なり脆いため出血しやすいのです。新生血管から出血すると虫が飛んでいる様に見えたり(飛蚊症)、突然視力低下したりします。

ドライアイ

ドライアイ

ドライアイは、目が乾くために不快な症状が現れ、
重症になると無数の傷が角膜に付いて痛みや視力低下を来す疾患です。
原因としては、加齢、ストレス、パソコン作業等による瞬き減少、部屋の乾燥、コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎などあげられます。
ドライアイなのに、眼が乾く自覚が少なく視力低下など症状が強く表れる場合もあります。
状況に合わせた点眼薬を処方する必要があります。

 

その他の眼疾患

ただいま、準備中です。

コンタクト/メガネ処方

コンタクト処方

コンタクト処方は、使い捨てレンズのトライアルの扱いがございませんので、初診の方は、現在使用中のレンズの情報(メーカー・度数等が記載されたパッケージ等)をご持参頂ける場合にのみ処方可能です。

ハードレンズについてはお問い合わせください。

 

メガネ処方

視力の低下を感じた時に、直接メガネ屋さんに行くケースがありますが、 まずは眼科で検査をする必要があります。
・お子様で弱視や斜視の治療用として使用するメガネ
・学童期や中高生から使用するようになる近視用のメガネ
・中年期からの老眼鏡や多焦点メガネなど
成長・加齢とともに役割が変わっていきます。

眼科ドック(完全予約制、診療)

所要時間 約1時間~2時間
一般眼科ドック
料金 10,800円【税込】

◇検査内容 ◇視力検査 ◇屈折検査 ◇細隙灯顕微鏡検査(散瞳前後) ◇眼圧検査

◇散瞳下眼底検査 ◇眼底写真撮影

緑内障ドック
料金 16,200円【税込】(含、眼底三次元画像解析)

◇視力検査 ◇屈折検査 ◇細隙灯顕微鏡検査(散瞳前後) ◇眼圧検査 

◇散瞳下眼底検査◇眼底写真撮影 ◇隅角検査 ◇精密視野検査 ◇眼底3次元画像解析

眼底3次元画像解析はOCT=光干渉断層計もしくはHRT視神経乳頭解析装置を使用します。
OCTは網膜を断層的に観察し網膜の厚みを測定する検査で、HRTは視神経乳頭陥凹を3次元的に解析する装置です。

アンチエイジング

当院のアンチエイジング

当院では、プラセンタ注射、各種ビタミン注射、ビタミンC大量点滴、サプリメント処方などを行っています。

* アンチエイジング

* プラセンタ注射

* ビタミン注射

* ボトックス注射

* ACR療法(多血小板療法)

* エアナジー

* マッサージ

プラセンタ注射

眼科の専門クリニックですが、体も心も魂までも癒すことを考えたホリスティックな医療に取り組んでおります。
その1つとして、プラセンタ治療も行っています。

プラセンタには、人のすべての細胞を作り出す為に必要な情報と栄養素が含まれています。
眼精疲労・慢性疲労・倦怠感・腰痛・肩こり・更年期障害・肌荒れ・シミなどに効果があります。

症状に応じて、2日~2週間に1回、1~4(2~8ml)を注射します。

費用  1本
1,620円
2本
2,160円
3本
3,240円
4本
4,320円

※全て税込価格です

ビタミン注射

複合ビタミン点滴(いわゆるニンニク注射)※価格は全て税込価格

複合ビタミン注射は疲労回復、肌荒れ、肩こり、神経痛、脂肪燃焼等に効果があります。

ビタミンB複合(B1、2、5、6、12):3,150円 ビタミンB複合注射にはビタミンCを追加できます。
ビタミンC500mg 1本につき1,080円(1~4本が目安)

注射時間は3~5分程度です。ビタミンCは4本まで可。
点滴をご希望の方は1,080円増しとなります。点滴でも所要時間10~20分程度です。

 

グルタチオン点滴

グルタチオンは体内に存在するたんぱく質で解毒作用、最強の抗酸化作用があります。有害な物から体を守ってくれるグルタチオンの補給はアンチエイジング、疲労回復にもとても重要です。

こんな方におすすめします
お肌の荒れ・シミ・くすみ、慢性疲労、ストレスが多い、喫煙者、偏食、睡眠時間が不規則、肝臓機能改善、気管支喘息、薬物中毒、アレルギー、パーキンソン病、線維性筋痛症、多発性硬化症、 炎症後色素沈着、化学物質
暴露、放射線療法による副作用、お酒を飲む前・飲んだ後(よく飲む方にはとくにおすすめ)

グルタチオン600mg 3150円 
グルタチオン1000mg 5250円 (オススメ)

好評につきキャンペーン延長、価格も据置でビタミンB複合点滴に、グルタチオン点滴を追加される場合、600mg追加は2100円(通常3150円)、1000mg追加は3500円(通常5250円)でできます。さらに、1,000mg追加の方には、ビタミンC1本(1080円)を無料で追加、超お得なキャンペーンです。
この機会にぜひ最強の抗酸化作用、最強の美白効果をお試しください。

 

超高濃度ビタミンC点滴

アメリカで癌治療に有効として広まりつつある点滴療法ですが、すぐれたアンチエイジング効果のあることが分かり注目されています。
1度に大量(15~75g)のビタミンCを投与します。

ビタミンCは体内で活性酸素を除去することにより強力な抗酸化作用を発揮し、健康と美容の両面からのアンチエイジング効果をもたらします。
また高濃度ビタミンCには、正常の細胞にはあまり影響を与えずに癌細胞にダメージを与える作用がありますので、癌を予防する効果も期待できます。

具体的には、シミや色素沈着の原因となるメラニン色素の生成を抑制し美白をもたらす他に、肌の張りや弾力のもとになるコラーゲンの産生を促進し、お肌の張りと弾力を保ちます。
また、にきびやしわ、シミなどの皮膚の老化の原因である活性酸素を除去し、加齢による衰えからお肌を守ります。
その他にも、保湿効果、疲労回復効果、免疫力増強作用などを介してお肌の健康を保ち、美肌を維持するとされています。

高濃度ビタミンC点滴の料金について

点滴を始める前に必ず、血液検査(G6PD酵素活性検査、肝腎機能)を行っていただきます。
血液検査の結果は2~5日ででます。

初回は、採血し、ビタミンCは12.5gを30分以上時間をかけて行います。

副作用の有無などを確認した上で、次回よりご希望に応じて投与量を増加します。

血液検査(初回のみ、点滴可能かどうかを調べます)
15,000円(税込)
ビタミンC 12.5g点滴
10,800円(税込)
ビタミンC 25.0g点滴
12,300円(税込)

ボトックス注射

ボトックスとは、ボツリヌス菌由来のタンパク質で神経を麻痺させる外毒素として知られていたものです。

米国では、しわ取り効果のあるものとしても承認されています。
実際に使用されるボトックスの濃度は、非常に低いので毒性はありません。
ボトックスを顔面の表情筋に注入しますと、筋肉が動かなくなりますので、「しわ」をよらないようにすることができます。

ボトックスはおもに、額の横じわ、眉間(みけん)、目じりに有効です。シワのない若々しい顔になります。また近年ではボトックス治療をうけた方の片頭痛をおこす割合がへるとの報告もあります。

 

該当箇所 以下の1部位
両目尻・眉間・額上部・額下部(税込)
料金
32,400円(税込)

施術時間は5分程度ですが、当院では34ゲージという極細の針を使用しますので、ほとんど痛みが苦にならず、また出血も少なくすることが可能になりました。
それでも痛みに弱いかたには表面麻酔をしますので、施術30分前にお越し下さい。(要予約)

ACR療法(多血小板療法)

ACR療法(PRP注入療法・多血小板療法)は、血小板の創傷治癒効果(できた傷を治す働き)を応用した治療法で、生体に本来備わっている細胞再生能力を利用して皮下のコラーゲンや毛細血管を増やし、肌の若返りをはかる方法です。

自分自身の血液を少量〈20cc程度〉利用するだけですから、特に副作用もなく、アレルギー反応もほとんどありません。

治療効果には若干の個人差がありますが、おおむね2週間~3ヶ月程度かけてシワの減少など徐々に肌状態の改善が実感できます。

予防接種

インフルエンザ予防接種

2016年のインフルエンザ接種開始は10/1~となります。

千代田区高齢者インフルエンザ予防接種施設です。

千代田区の高齢者(65歳以上)は無料。

 

エアナジー(最上位機種プロフィウエルプラス使用―ドイツ製)

今話題のアンチエイジング治療です。

エネルギーの入った空気を、15分間吸うだけで、体内の活性酸素を除去します。

慢性疲労、不眠症、膝や関節痛、頭痛、高血圧、アレルギー、冷え性、肌荒れ、などに効果が期待できます。健康維持に最適です。スポーツマンにも。

料金 2,000円(15分間)

料金には、エアナジーにに利用する「このはなさくやの姫美人水」1本(450円)が含まれます。
高エネルギーで活性化された水をお持ち帰り頂き、ご自宅でも数日間にわけて飲用する事により、さらに効果を高め、持続させます。

(注:このはなさくやの姫美人水自体すでに高波動です)

初回のみチューブ代540円必要(2回目以降はご自分のチューブをご持参下さい)

マッサージ(プロのマッサージ師による施術)

当院ではプロのマッサージ治療が受けることができます。

15分  2,160円

鍼灸あんマッサージ指圧師(厚生労働大臣認可国家資格)による施術です。

緑内障では、首周りの凝りをほぐすと筋肉の緊張がとれ眼圧が下がる場合がよくあります。

また、血流がよくなると目の循環改善にもつながると思い、本格的な治療を当院でも受けられるような機会をもうけました。

たまるや鍼灸整骨院との提携により、最高の技術をもった施術者が施術にあたります。

実は院長もたまるやさんには定期的に体のケアをお願いしているので、おかげさまで、疲れ知らずで快調に過ごさせていただいております。

緑内障の方、首・肩の凝りによる眼精疲労でお悩みの方に特にお勧めです。全身疲労、倦怠感、腰痛などにもぜひお試し下さい。

当院患者様以外の方も施術を受けていただくことは可能です。